他人が聞いている自分の本来の声(録音で聞くあの声)を、簡単に確認することができる方法



他人が聞いている自分の本来の声(録音で聞くあの声)を、簡単に確認することができる方法!
大きめのボール紙(ファイルボックスたたんだやつでも可。とにかく耳の前を大きく被えるもの)で、
耳の前を被うだけ。

自分の声って、録音して聞くと全然いつもとちがくてなんかがっかりしたりするじゃないですか。
でもあの恥ずかしさって、単に聞き慣れてないからなんだって。主観的な自分と客観的な自分のギャップに
気づいちゃうから、恥ずかしくなるんだって。

でも、自分の客観的な声(録音した時の声。本来自分以外の他人が聞いてる声)を聞き慣れることで、
人前で話すことに対する気後れ感を払拭してくれるとともに、自分自身を客観的に眺められるようになるための、
良い訓練になるんだとか。

そして他人が聞いている自分の本当の声を聞く訓練を続けることで、他人に聞かせる自分の声を
意識的にコントロールできるようになっていくんだって。

だからこの自分の客観的な声を聞くためのアイディアは、こういう訓練を本当に手軽に出来るようにする
ものだから、実は密かに、かなり胸躍ってるんです



コメントを残す