あなたは忍者タイプ?戦士タイプ?ストレスへの対処方法


ストレス耐性つっても忍者タイプと戦士タイプがあるよね、自分がどっちのタイプかしっかり認識しておいて傾向と対策練らないとね、ということをつぶやいたものをまとめました。



忙しい人用まとめ
忍者タイプ…ストレスをストレスと感じないプラス思考能力(回避能力)が高い
勇者タイプ…ストレスに単純にぐっと耐える精神力が強い

こうやって分類して今現在の自分がどっちよりかを分析しておく事で、どっちか一方に偏り過ぎる弊害を回避出来る。

忍者タイプをこじらすと、かわせるレベルのストレスしか許容出来なくなり、自分言い訳ばっかり上手くなるからあまり挑戦とか努力とかしなくなる。そしてストレスをかわせなかった時にリカバリーに時間がかかる。

戦士タイプをこじらすと、(ツイートにも書いたけど)辛いけど我慢出来ちゃうから、その環境から抜け出してまで挑戦しようとしなくなるし、辛い事こそ生きている証、みたいな感じになって忍者よろしくのほほんと軽快に生きている人を批判とかし始めたりする。

つまりは、新しいことに挑戦したり、変化の激しい状況に適応していくためには、ストレスをかわす能力、耐える能力、どっちも必要ということ。



コメントを残す