twitterでスパムに感染してしまった場合の対処法


 

twitterで、勝手に英語のダイレクトメッセージを送ってしまっている

これはスパムに感染してしまっています。おそらく、自分宛に届いた英語のダイレクトメッセージ、そこに貼られていたリンクをクリックしてしまったのが原因。
 

i cant believe this but there are some real nasty things being said about you here

 

Hey, so some real nasty things are being said about you here

 

Did you see this bad tweet about you!?

 

You seen what this person is saying about you?

 
こんな感じの英語のダイレクトメッセージが知り合いから届いて、それに含まれるリンクをクリックしたりとかしませんでしたか?
 
ここでスパムに感染し、同じ内容のダイレクトメッセージが自分のフォロワーさんに自動送信されてしまいます。
 
といっても対処方法は簡単なので、感染が広がる前に、この記事を読みながらさらっと処理してしまいましょう。
 


 

1.twitterのトップページへ。

https://twitter.com/
 

2.怪しい認証アプリの認証を取り消す

右上の「人のマーク」「設定」 をクリック
スクリーンショット 2012 02 20 14 09 10
 
「アプリ連携」をクリック
スクリーンショット 2012 02 20 14 10 56

表示された様々なアプリケーションの中から怪しそうなもの(全部英語とか)を探し、「アクセスを取り消す」をクリック。
※よく分かんなかったら一度全部取り消してもOK。必要なものはそのアプリケーションを使う時に再度認証を求められるだけなので。

これでスパム感染源の処理は完了。次は事後処理です。
 

3.既に送られてしまっているダイレクトメッセージを削除

自分がダイレクトメッセージを削除すれば、相手の受信箱からも消えます。
 

4.謝罪文と注意喚起文をツイート

スパムに感染しダイレクトメッセージをフォロワーの皆さんに送ってしまいましたごめんなさい。既に対処済みですが英語のダイレクトメッセージが届いていてもリンクはクリックしないようにおねがいします。既に感染していると思われる場合はお手数ですがこの記事を参考にして対処をお願い致します

的なメッセージとともに、この記事を紹介してもらえれば良いと思います。
 
twitterやってれば一度は引っかかってもおかしくないトラップ。今後は、怪しい英語のダイレクトメッセージが届いても、安易にリンクをクリックしないようにしましょう!
 


コメントを残す