モノをつくることがとてつもなく簡単になってきた。


SS 2014 11 12 0 39 15



これはすさまじい…

手が触れた瞬間、一気に刃をぶち壊し、切断を防ぐおそるべき技術。

エアバッグに通ずるものがあるね。





一瞬を極める。

人間の指だけに反応し、木や、ステーキには反応しない。
そして、人間の肌が触れた瞬間に、起爆しなければいけない。
そんな簡単に実現できるものじゃないだろう。

「どうしてやりたいことをやらないの?欲しいものがあるのにどうして作らないの?」

こういう技術を見ると、自分とは程遠い、職人の世界のお話だと感じて「すごいなー神!神!」てな感想で終わってしまいがちだけど、こういう動画を見て、自分もこういうのを作りたいとかおもって、自分のエネルギーにしたり、発想のアイデアを結びつけられたら、趣味の動画鑑賞もただの暇つぶしで終わらずにすむのになーっていつも思う。

「他人事」としてみると暇つぶし。「自分ごと」としてみると

ものをつくるというのは、今までは職人だけに許された聖域のようなイメージだった。
でも、最近は、ものをつくるということに対するハードルは、びっくりするくらい低くなっている。

缶バッジやステッカーなんてのは家から一歩も出ずに、パソコンで発注すれば数日で家に届く。
SECONDPRESS.US | 国内最大級の激安缶バッジ製造サービス
http://goo.gl/qRQxqp



小ロット対応!型抜きステッカーのZEAMI Sticker
http://goo.gl/DOqRZ6



スマホで何枚か写真を選んで注文ボタンを押せば、綺麗に製本されたアルバムが届く。
フォトブック比較|最安!送料が無料の写真プリント|フォトブック・フォトアルバム500円 TOLOT
http://goo.gl/i7EzIJ



そして秋葉原に、その場でモノが作れちゃうビルがついにオープン。

DMM、秋葉原にハードウェアスタートアップの聖地となるシェアスペースを開設 : ギズモード・ジャパン
http://goo.gl/XVgWmM



アイデアを形にするのは、実はとても簡単になってきている。
直目の前にある道具やサービスを、使うか使わないか。それだけのことでしかない。

どんどん、できない、という言い訳がきかない世の中になってきている。

そんな世の中に生きていると、次の問いに答えるのはとても難しい。

「どうしてやりたいことをやらないの?欲しいものがあるのにどうして作らないの?」





いいねを押してひらめき箱を購読する


Comments are closed