パン別、焼きたてみたいにサクサクふんわりになるパンの温め方まとめ


こんにちは!トモです!(*´∀`*)

突然ですが皆さんパンは好きですか?

私は大好きで、割と常にパンがストックされています。

そこで、パンの保存方法&パン別のおいしいあたため方をまとめてご紹介します!
 

■パンをおいしく食べるためのポイント3つ

・ポイント1: トースターを予熱してからパンを焼く
パンを入れてからトースターのスイッチを入れると、徐々に温まる時に水分が飛んで、パサパサになってしまいます。2~3分予熱するひと手間でよりサクっとふんわり焼きあがります。

・ポイント2: お皿も温める
トーストを冷たいお皿にのせると、トーストとお皿の間の温度差で水分の蒸発が促され、発生した水分をパンが吸って、サクっと感がなくなってしまいます。トースターの上にお皿をのせて、お皿を温めておくと良いです。

・ポイント3: 食べきれない分は早めに冷凍保存する
パンを買ってきて、数日たってしまったからカビないように冷蔵庫にいれたりしていませんか?
実は、冷蔵庫での保存は乾燥しやすく、パンがおいしくなくなってしまう保存方法なんです。
翌日以降もおいしく食べるには、食べきれない分は冷凍保存するのがおすすめです。




■冷凍保存方法

冷凍するときにもしっかり密封して乾燥をふせぐのがポイント


なるべく空気が入らないよう、パンを1つずつぴっちりラップで包んで保存袋に入れます。
保存袋に空気が入っていると空気中の水分が凍ってパンに霜がついてしまうため、ストローを使って、保存袋内の空気を抜きます。
面倒な場合は、ラップを省略してして保存袋に入れ空気を抜くだけでもOK。その場合はなるべく早めに食べきりましょう。

■食パンのおいしいあたため方

両面1回ずつ霧吹きした後、予熱したトースターで焼く
2~3分予熱するひと手間でよりサクっと、霧吹き効果で中ふんわりに焼きあがります♪

冷凍した食パンの場合
8枚切など薄いパンの場合は凍ったままトースターで焼きます。
さらに、凍ったままジャムやバターなどをぬってから焼くと水分が逃げません。

厚いパンの場合は、トースターだけだと中がしっかり解凍されないことがあるため、10秒ほどレンチンしてから霧吹き→予熱したトースターで焼けばバッチリ♪

■バケットのおいしいあたため方

たっぷり霧吹き→予熱したトースターで焼く
買ってきてすぐのバケットの場合は、軽く霧吹き、時間が経って固くなってしまった場合はたっぷりめに霧吹きするとふんわりに♪
霧吹きがない場合は、水道水にサッとくぐらせてもOK。そのときは、パンの白い部分は軽く濡れる程度で、茶色い部分を中心にくぐらせてください。

冷凍したバケットの場合
電子レンジで10秒→まだ中心が凍っているくらいでOK
軽く霧吹きをしてから 予熱したトースターで焼きます

■ロールパン・クロワッサンのおいしいあたため方

トースターを4~5分熱し、余熱であたためる
ロールパン・クロワッサンやデニッシュなどは油脂が多く焦げやすいので、余熱だけで温めた方が、外側がパリっと仕上がります。
トースターをしっかり熱したら火を止め、すばやくパンを入れ5分ほどでOK。

冷凍したクロワッサンなどの場合
自然解凍または、電子レンジで10秒~20秒解凍して、加熱したトースターの余熱であたためます。

■惣菜パンのおいしいあたため方

レンジで10〜20秒→予熱したオーブントースターで1分
菓子パンや惣菜パンは厚みがあるので、トースターだと中まで温まる前に表面が焦げてしまいます。温めなおす時は、レンジで10〜20秒チンしてから、オーブントースターで1分くらいでOK

冷凍した菓子パンや惣菜パンなどの場合
自然解凍または、電子レンジで1分程解凍して、予熱したトースターで1分ほどあたためます。

カレーパンなどの揚げたパン場合
霧吹き後、トースターで温めるとサックリあつあつに!



いかがでしたか?

上の方法は私のおすすめなんですが、ほかにもいろんなおいしいパンの食べ方があると思います

試してみた結果や、おすすめの食べ方などぜひぜひ教えてください٩(๑´0`๑)۶


Comments are closed