たいていのもやもやの原因は「何かが足りない」という思い込み。


お金を稼ぐということは確かにとても大切なことなんだけど、それにばっかりこだわっていると、なんかこう、とても大切な何かを犠牲にしてしまっているような感覚になる。

そして実際、時間の使い方とか、日々のテンションがじわじわ下がってきているのとか感じる。

そんな時は思考の前提条件を変えることで、自分の思考の枠をとっぱらう、ということをよくやったりする。



想像力に乏しい自分としては、「今から何か新しいことを始めるとしたらなんだろうか」っていう、ゼロイチの想像が苦手。

そこで、すでに今手元にある習慣ひとつひとつに対して、上記の質問「これ、お金が十分にあっても続ける?」と聞いてみる。

この方が、はるかに自分がどう感じるかを想像しやすい。

たいてい、もやもやの原因は「何かが足りない」というところからスタートしている。

まずは、「本当に足りないのか」という問いかけからスタートしてみるのがおすすめ。




Comments are closed