【ぜひ実践したい】軽視できない素晴らしさ。「朝早く起きてすぐ書く」ことの驚くべきメリット



寝る前にスマホをいじるのは良くないけど、起床直後にスマホをいじれば目が醒める。いいねこれ。

目を覚ましてからベッドを出る

6時に目を覚ましても、しばらくベッドから這い出せないことがあります。布団にくるまっていると、温かくて気持ちがいいのです。このアイデアに賛同してくれる人はあまりいないかもしれませんが、私はベッドの中でケータイをチェックし、メールを読み、Twitterをひととおり読み流します。これをしていると、明るい画面と精神的な努力のおかげで、少しずつ目が覚めてきます。そんなことを15分も続けていると、ようやくあきらめがついてベッドから出られる状態になります。



夢日記をつけようと思ってるんだけど、なかなかそれが習慣になっていない。これ、いいかもしれない。目が覚めたら、すぐにスマホで夢をに見たことを文章で書く。その勢いで文章を書き始められるとベストだなー。


軽視できない素晴らしさ。「朝早く起きてすぐ書く」ことの驚くべきメリット | ライフハッカー[日本版]
http://goo.gl/zhH2Mx




いいねを押してひらめき箱を購読する


Comments are closed