「一人コツコツ努力を重ねるのが好き」な人と仲間になりたい


こんにちは!ひらめきメモのF太です。

2017年から、「ライフエンジン」の運営メンバーとして活動しています。

  • 基本的に、一人でコツコツと努力をするのが好き。
  • 「仲間」とか「一丸となって」といった言葉に、若干の抵抗がある。
  • だけど、自分ひとりで出来ることには限界がある、ということも何となく理解している。

そんな人と ーー敢えてこの表現を使いますがーー 「仲間」になりたい。そういう思いが昔からあって、そして、ライフエンジンはまさにそれを実現出来る場所だったので、その思いを主催メンバーであるjmatsuzakiにとうとうと語り、運営メンバーに入れてもらいました。

ライフエンジン オンライン入会チケット
https://goo.gl/VH8CCN


集団行動が苦手なのに「仲間」を求めるのはなぜ。

元々自分は集団行動が苦手です。学生の頃に意気込んでゼミやサークルに馴染もうとしたけど、結局どれもうまくいかなかったし、気付くと一人で図書館にいる時間の方が長く、それを苦痛に感じないどころか、そういう時間こそが自分にとって一番充実した時間でした。

逆に、一人でいることが苦痛で仕方がない、という人もいるのが意外でした。というかむしろ「人間関係めんどくさくても、一人でいるよりよっぽどマシ」という人の方が世の中多いみたい!

ひとりが好き。でもだからこそ、「一人でできること」の限界も痛感します。

端的に、一人だと、甘えが出ます。今日一日サボったところで、誰にも怒られない。

以前はそんな自分を責めていました。自分の好きなことばかりしているのに、どうしてめんどくさいとか思うのか、サボりたいとか思うのか。なんてだめなやつ!

でもようやく最近、それは人間として自然なことで、だからこそ、フリーランスで働いている人たちは、わざわざカフェに出かけたり、月々何万円も払って自宅の外に作業スペースを借りたりするのだ、ということがわかってきました。

好きなことをするにしても「めんどくさい」と感じるのは当たり前。

それは自分の性格の問題ではなく、単に、環境の問題でした。

ならば環境を整えよう。「一人でコツコツと努力するのが得意な人間」が、もっと集中力やモチベーションを高める方法は?

それを突き詰めた結果、意外というかやはりというか、鍵となったのは「仲間」の存在でした。

みんなで「◯◯時までに終わらす!」と決めるだけで集中力が高まる

人間とは不思議なもので、「自分以外にも頑張っている人がいる」と感じると、それだけで集中力が高まります。

会社というのは本来放っておくと怠けてしまう人間が一箇所に集まることで、集中力を高める機能を搭載している、実はとても優れたシステムなのです。

一体感が集中力を高める。それならばと、こんなbotを作ってみました。

Twitter上で、みんなで時間を決めて作業をしよう、というコンセプトです。おかげさまで沢山の人が参加してくれました。

一人でコツコツと努力を積み重ねるタイプの人に必要なコミュニケーションのヒントを見つけた気がしました。

ライフエンジンは「ひとりコツコツ派」のための空間

そしてライフエンジンは、このコンセプトを更に長期的なスパンで実施する試みです。

ライフエンジンは、参加メンバーそれぞれが目標を設定し、コミュニティ内で公開することで、モチベーションを高め合い、また、それぞれ違うスキルを持った人同士が協力しあって何か新しいことをするきっかけになる空間を目指し、デザインされています。

ライフエンジンは、いわゆるサロンではありません。一方的に学ぶ場ではなく、一人ひとりが実験を繰り返すための場所です。

みんながみんな、違う目標を持ち、日々、違う努力をしているけれど、同じ時、同じ空間を共有している。オンライン上のコワーキングスペース、会話が出来る図書館、といったイメージです。

図書館のように、みんなが真剣に何かに取り組んでいる空気感。自分自身のことに集中、没頭出来る空間でありながら、周囲には少し、見知った顔。皆、「自分が集中できる時間」の大切さを知っているから、決して邪魔をしてくることはない。みんなそれぞれ、全然違う仕事、違う勉強をしていて、自分とは違う能力や知識を持っている。この人たちと、何か一緒にできないだろうか、と思いを巡らせてみる。自分一人ではできそうになかったことも、何となく、この人と一緒だったらできそうな気がしてくる。それが更に、自分の実験を加速させていく。。

そんなコンセプトに共感して頂ける方の参加を、心よりお待ちしております。

jMatsuzaki Store / ライフエンジン オンライン入会チケット
https://goo.gl/VH8CCN

運営メンバーについて。

ところで、主催の君は何をするんだい、とツッコミが入りそうなのでその点を少し説明しますと、私F太は、定期的にメルマガを通し、Twitterでは書けない、クローズドでしかお伝えできない内容のコンテンツをお届けしています。

jmatsuzakiがあなたのモチベーションを燃やし、高めるのが得意ならば、私はブレーキを外す方の担当です。行動や挑戦を引き止める常識や、「ねばならない」思考をひとつひとつ外し、あなたがより純粋な動機に従って動けるよう、お手伝いをします。

jmatsuzakiという男について

jmatsuzakiという人物について、おそらく初見では、若干の近寄り難さを感じる方もいらっしゃるかもしれません。

そもそもTwitterではめずらしく実写アイコン(しかもかなり強烈)だし、

QebvA2kc 400x400

いつも「burning!」が口癖で、

ブログの書き出しはいつも「私の愛しいアップルパイへ」。

しかし、主張が強いタイプの人間が本来、苦手なはずの自分ですが、不思議と彼に対しては、なぜか自己顕示欲や承認欲求を感じませんでした。

彼を知ってからしばらく経つ今なら、その理由がわかります。少なくとも私が彼を知ってから今に至る短い間にも、彼はシステム屋、執筆家、そして音楽家として着々と実績を積み続け、特に音楽家としてのjmatsuzakiを拡大し続けているのをみてきたからです。

日々ブログやメルマガを執筆しながら、バンドを結成し、音楽をつくり、ライブをし、数々の講演を行い、ライフエンジンというコミュニティを立ち上げ、TaskchuteCloudというタスク管理ツールを開発し、ライブをし、ブログコンサルを行い、ライブをし、ついに3/24、ワンマンライブを企画し、そして今年は彼の親友でありライフエンジンの主催メンバーの一人でもある、keikanri会社を立ち上げるとのこと。

彼は過去の実績を語ることにはあんまり興味が無いらしく、基本、未来のことばかり語りますが、その軌跡をみると、自ら宣言した大言壮語をしっかり、着々と現実化し続けているのです。

そんな彼らが現在進行系で夢を現実にしていく姿を間近で見られるのも、ライフエンジンの大きな醍醐味の一つです。

彼の表舞台は、ブログTwitterでお楽しみください。そして、その舞台裏で彼がどんなひたむきな努力を続けているかを知りたければ、是非、ライフエンジンへ!

ライフエンジン オンライン入会チケット
https://goo.gl/VH8CCN


コメントを残す