文章にリズムの要素を取り入れると綺麗になる


あなたの文章を(ほんの少し)綺麗に見せる九つのテクニック。

この記事がとても良かった。ぜひ自分の中に落とし込みたいと思い、
自分なりに出来るだけシンプルな形で再構成してみた。
まずはこちらを読んでから引用元の記事を読んでもらうことで、
より実践的な理解を伴って読み進めることが出来る(ようにしたつもり)

この記事で紹介されている9つのテクニック

■一、理想をもつ。

■二、リズムに留意する。
■三、ただひたすら削る。
■四、句読点に気を配る。
■五、改行を意識する。
■六、仮名を使いこなす。

■七、記号を避ける。
■八、詩を殺す。

■九、コンビネーション・ブローをめざす。

改行はテーマの分かれ目を示す。この記事では、
実際は大きく4つのことを提示している。すなわち

この記事が示している4つの要点


・まずは好きな文章を見つけろ
・リズムを意識して書け
・安易な表現技法を封印せよ
・全体を見ろ

という4つ。最初と最後はいわば精神論のようなものなので、
より具体的で実践に役に立つのは

特に重要なのは「リズムを意識して書け」の部分

「リズムを意識して書け」

「安易な表現技法は封印せよ」のあたり。

とくにこの「文章にリズムという要素を導入する」という点に関しては
とても具体例が豊富で、目から鱗の情報がとても多い。
従って2〜6の項目をより重点的にチェックするのがおすすめ。

あなたの文章を(ほんの少し)綺麗に見せる九つのテクニック。



Comments are closed