安住さんから学ぶ「例え話力」の鍛え方






この記事がめっちゃおもしろかった。

安住紳一郎が台風19号直撃前の京都で見た防災達人の驚きの行動
http://goo.gl/Skjd6M



やっぱ安住さんてすごいわ…トークセンスはもとより、観察力と、着眼点と、調査力がすげーなって、ラジオを聴いていていつも思う。


(iphone持ってる人はpodcastで日曜天国を購読すべし。番組のホームページでも視聴できるよ)
TBS RADIO 954 kHz > 安住紳一郎の日曜天国
http://goo.gl/YocaLU



(とくにオススメの回は下記まとめを参照しよう!)
【必聴】おすすめ安住紳一郎の日曜天国【ポッドキャスト】 – NAVER まとめ
http://goo.gl/04xvrg



もちろん、希有な才能を持っているからこそ、彼は成功を収めているわけで、それを一朝一夕で真似ようなんてそりゃあどだい無理な話ではあるんだけど、そんな安住さんから、少しでも吸収できるものはないかなとおもって、今回の

安住紳一郎が台風19号直撃前の京都で見た防災達人の驚きの行動

この記事を分析してみた。安住さんを分析して自分も会話上手になりたい!

目次

第一回:安住さんは例え話が豊富で上手←ココ!
第二回:安住さんは「ちょっと調べてみたんですけど」が深い(予定)
第三回:安住さんはオチを引き延ばすのが上手(予定)

安住さんは例え話が豊富で上手

これ、東京に置き換えて考えますとすごいことですよね。(以下例え話)

京都の「タイムライン防災」の判断が如何にすごいものだったか。都内の人にも分かりやすくイメージできるように東京に置き換えて説明している。この感覚って重要だよね。

自分はいま、誰に対して話しているのか。年代は?男性が多い?女性が多い?職業は?自分(安住紳一郎)をよく知っている人なのか、そうでないのか?

っていうことを常に念頭においているからこそ、こういう比喩が自然に口をつくんだろうなあ。自分はけっこうこれを忘れがち。自分本位でしゃべっちゃってることが多い。

例え話ができるとすごく会話がはかどるようになる気がする。例え話が得意になる、なにか良い方法はないか。

「自分用、鉄板の例え話コンテンツ」を用意

良いこと考えた。自分の得意な例え話用のコンテンツを用意して、徹底的に使いまくって練習するというのはどうだろうか。

自分が詳しいものの中で、例え話として使えそうなものを探す。アニメとかドラマとかスポーツとか漫画とか。で、そのコンテンツを使って色々な例え話をしてみる。

相手の話をたとえつっこみにしてみる

・「それってなんかしずかちゃんの入浴シーンみたいじゃね?」
・「例えば2アウト満塁の状況でボークしちゃったような状況だよね」

どういう状況で使うのかよくわかんないけど。
まあもちろん、例え話は相手もある程度そのコンテンツを知ってるっていう前提が必要だから、できるだけ汎用性が高い、有名なものがいいかもね。クリケットに例えられても自分は正直わからないし、キン肉マンやガンダムもちょっとわからないよ…

ドラえもんとかアンパンマン辺りは結構使えるかも。

あ!あと、「学生時代のあるあるエピソード」に例えるっていうのも面白いかもね。「授業中に校庭に犬が侵入してきたときみたいな興奮だったわー」とかね。どういう状況で使うのかよくわかんないけど。

つづく!

次回は安住さんの「調べる力」をパクる方法について。分からないことをそのままにしておかない。いやいや、わかっちゃいるけどなかなかそれを実践するのが難しいんだよねーという人におすすめ。

いいねを押して次回更新情報を受け取る







Comments are closed