好きなことをして生活するって多分こんな感じ。【記事紹介】上海に暮らし、現代アートで食べています






一気に読んじゃった。
なんだろう、この気取らない感じでいて、そのくせものすごいエネルギーにあふれているこの感じ。
全然嫌味ったらしくない。さわやかな感じ。
こういうエネルギーが欲しい。

僕は、成功者の体験談、みたいなのがあんまり好きじゃない。そういうのって、大抵、「苦労話」が多いから。起業家の、「とりあえず行動!失敗してから考える!」という話もあんまり好きじゃない。苦労はできるだけしたくないし、痛い思いもできるだけしたくないから。

そんなことを考えていても、絶対に口には出さない(書くけど)。甘えとしか思われないだろうし、実際自分でも甘えだと思うから。

でも、「苦労しなきゃ欲しいものは得られない」という風潮に、すっごく違和感をおぼえる。

そんなことを思っているときに、ふと読んだのがこの記事。

この記事には、なんとなく、自分が欲していた答えのようなものがあるような気がした。

たしかに、鳥本健太さんは大変苦労をなさっているはずだ。

でも、なんだろう、文章から感じるのは、「苦労しなきゃ成功なんてできないよ」っていう嫌味っぽさとかドヤ顔感じゃなくて、「今も実際しんどいわー好きなことでくってくって大変だわー」と、とても爽やかな笑顔で仰っているような、そんな雰囲気。

この空気感。

全くもって自分の言いたいことが伝わった気はしないけど、何となくでも同意してくれる人が一人でもいることを期待して、こうして記事紹介の記事を書いたりしているわけです。



上海に暮らし、現代アートで食べています:成り行き任せの海外アート起業記~第1回 | ライフハッカー[日本版]
http://www.lifehacker.jp/2014/09/140921shanghai.html



いいねを押してひらめき箱を購読する




Posted from するぷろ for iOS.


Comments are closed