①トレチノイン・ハイドロキノンでしみそばかすの自己治療経過まとめ


こんにちはトモです(●´ω`●)

私は子供の頃からそばかすがたくさんありずっとコンプレックスだったのですが、友人にすすめられてはじめたトレチノインとハイドロキノンを使った自己治療の効果が出始め、そばかすがだいぶなくなり周りからどうやっているのと聞かれることが多くなってきたので、私が実際に試したやりかたをまとめていきます。

トレチノインとハイドロキノンはとても効果が強く、日本では医師の処方がないと購入できない薬です。
きちんと使い方を守らないと、逆に色素沈着したり悪化したりする可能性もあります。
基本、保険適用外のため高額になりますが、できれば医師の指導の下で治療するのが一番です。
ご自身の判断で行う場合は、お値段が安い分、あくまで自己責任になりますので細心の注意のもと上手に利用してください。m(_ _)m

 
 

 
 

トレチノインとは?

トレチノインとは、ビタミンAの一種で、肌につける事で角質をはがし皮膚の再生を促します。ピーリングの代用療法として行われることもあります。

また、長期的に使用することでヒアルロン酸やコラーゲン産生を促進し、海外では皮膚の若返り・シミ・しわ・にきびの治療薬として認可され使用されています。

トレチノインジェル(A-retGEL)0.05%

 
 

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンとは、メラニンの生成を抑制し、できてしまったシミを薄くして、これからのシミを作らないようにする薬です。
ユークロマ Liteクリーム(Eukroma Lite Cream)ハイドロキノン2%

ハイドロキノンも、日本では2%以上の化粧品への配合は認可されていません。

 
 

トレチノインとハイドロキノンを購入する方法

①皮膚科で処方してもらう

基本的には保険適用外のため高額ですが、的確な指示のもと治療ができます。

②個人輸入代行サイトで購入する

病院で処方してもらうよりかなり安く購入が可能。ただし使い方等は自己責任の上で行う必要があります。

私は、口コミで評判の良かったオオサカ堂やオランダ屋という個人輸入代行サイトで購入しています。
個人輸入というと難しそうですが、普通の通販サイトと同様に買い物ができ、海外からの発送なのに送料無料で1週間ほどで手元に届きます。

 
 



 

最初は顔ではなく、子供の頃剣道を習っていて板の間に正座することでできてしまったくるぶしあたりの色素沈着した「すわりだこ」でためしてみました。
トレチノインとハイドロキノンも濃度の低いものから始めたので特にトラブルはなく色素沈着した部分がきれいになりました。
(ビフォー写真を撮っていなかったのでお見せできなくて申し訳ないです)

もしご自身でトレチノインとハイドロキノンを使った治療をはじめようと思われている方は、必ず濃度の低いものから試し、顔全体などの広範囲を試すのではなく、部分的なシミなどから試すといいかと思います。

次のページでは、濃度の種類など、トレチノイン・ハイドロキノンでしみそばかすの自己治療方法・注意点をまとめます。
 
 


Comments are closed